百日草(ジニア)

八街の東金寄りの南側の端っこから、山武寄りの東側の端っこへ。

お世話になっている農園へ久々に尋ねると、また今年も満開の百日草。

こんなに色とりどりでずっしりと愛らしい花をここに来るまで知らなかった。

11830135_924008680996870_677632673_n

 

 

 

今日は、畑の連れ添い人と一緒に、残りの夏野菜をいただく。

これからランチを作るから、食材はここで調達して。

オクラ、モロヘイヤ、おかひじき、青シソ。

夏らしい食材で何を作ろうか考える楽しい時間。

この百日草は食卓に飾ろう。

11815816_924008580996880_762541714_n

 

 

 

 

 

 

11787478_924008700996868_1973969158_n

 

 

 

 

 

 

 

 

11824094_924008724330199_1248383322_n

 

 

 

 

 

 

11791683_924008647663540_779774817_n

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシュハーブティーで乾杯しながら

来年のここに蒔くハーブやお花について語らった

夏の思い出。

 

 

 

家族の時間

サンバファームの由来はお産婆さんだ。

IMG_3076

母のカラダは子どもを守るが、土も同じように野菜に栄養をやり、土の中で育て、野菜を実らせる。

大地は母のようだ。

 

我が子が生まれる瞬間、お産婆さんの働きに感動した。

だから、自分が始める農園はその名前をいただいた。

IMG_3069

今、大切にしているのは、家族で過ごす、この時間。

自然を相手にする仕事だが、毎週日曜日は決まって休みにしている。

これは約束のひとつで、この日は家族と過ごす日だ。

 

今、大切なこと。

今、大切にしたいことを、大切にできる暮らし。

IMG_3058

 

 

IMG_3070

 

IMG_3064

 

 

野菜づくりはすべて無農薬で。

新規就農者はほとんど作らない生姜に取り組む。

自分と家族のカラダの悩みを解消してくれる万能野菜。

飲食店のシェフたちが望む多品種栽培を継続しながらも

家族起点のこの生姜栽培がサンバファームの代名詞だ。

IMG_3074

 

サンバファーム

千葉県山武市横田

TEL: 090-8788-9304

MAIL: sanbafarm@gmail.com

サンバファーム

 

 

 

 

 

 

 

 

event info.

スロー休日―ジンジャー&ハーブと和菓子づくり―

サンバファームでの生姜収穫と和菓子づくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

生姜畑

根菜という名の野菜。

IMG_3068

 

 

 

IMG_3067

根っこを食べるなんて贅沢だ。

そして、この根っこがまた来年の種になる。

 

葉もすごくいい香りでお風呂に入れたら生姜風呂。

IMG_3070

 

IMG_3069

夏の終わりから秋にかけて、収穫シーズンを迎える。

その頃、この食材を使ったパーティーをしよう。

 

スロー休日  ―ジンジャー&ハーブと和菓子づくり―

 

 

材料を探しに

ウッドデッキが欲しい。

何のためにって、外にリビングをつくりたいから。

外はこんなに気持ちいいのに、屋根の下にいるのはもったいない。

季節の薫りや風の重さ。肌を包む空気全部を青空の下味わえる。

そんなスペースでごはんを食べよう。

IMG_2783

近くにある木材市場へ。

IMG_2782

ここには、年期の入った宝物がいっぱい。

丸太だけでなく、廃棄される皮も魅力的だ。

IMG_2777

 

IMG_2774

何かに使えないか。

砂利の代わりに地面に敷き詰めるのもいい。最高の天然素材だ。

 

ただ積んであるだけの、年輪もとびきり個性的でカラフルで。

ひとつひとつが違うから、生き物なんだぁと、改めて美しさに関心する。

IMG_2779

 

IMG_2781

この個性を生かしたウッドデッキをつくろう。

 

命をいただく。そして、暮らし。

不思議な体験のドキュメンタリー映画を見た。

IMG_2826

始めは、ある精肉店の話だった。それは、牛を飼育し、割り、加工して店頭に陳列する。それらを営む、ある、いち家族の話だった。

どうしたわけか、途中から、太鼓づくりの話になった。というより、祭りの話になった。長いこと続くだんじり祭りのこと。生活に欠かせない祭りごと。

脈略もないようだけど、それは、確かに「牛」の話だった。

牛の皮を剥いで太鼓にする。

力のいる男の仕事だ。

それは、脈々と集落の中に受け継がれ、今日まで続く。

何かを食すことは、食べること以上の意味を持つのかもしれない。

私たちが口に入れた瞬間から、その食べ物との関係は始まっているし、

久しい昔から深い関わりを持ってきた。

それは食べるだけでなく、私たちの肉体以外の精神をも支えて来たのではないだろうか。それらは、なくてはならない相手であり、私たちの暮らしという営みを支える重要な存在だ。

その重みに気づいたとき、ずしんと、何かが心に落ちてきた。

ある精肉店は、ある家族の話ではなく、向き合うべき自分自身の人生だった。

IMG_2833

 

IMG_2836

 

IMG_2847

 

IMG_2853

 

IMG_2854

 

IMG_2831

 

IMG_2841

甘い採れたての西瓜をかじりながら、忘れられない貴重な体験をした。

 

▼過去のイベント情報

西瓜の収穫

 

 

 

 

 

西瓜の収穫

西瓜の収穫

IMG_1463

 

●7月5日(日)

●集合場所:米田ファーム

・完全予約制。

・ご参加者のみ住所をお伝えします。

・お子様のご参加大歓迎です。

・車歓迎。電車の場合、最寄駅は総武本線「榎戸駅」です。

・収穫後は、地元食材でのBBQパーティーと合わせて、

食の生産現場のドキュメンタリー映画の上映を予定しております。

ある精肉店のはなし

 

<一日のスケジュール>
10:30-12:00 西瓜収穫
※時間内、常時来園購入可
12:30-14:30 地元採れたて野菜のBBQ
14:30-16:30 食のドキュメンタリー映画
「ある精肉店のはなし」上映会
<会場>
西瓜収穫:米田ファーム
BBQ・上映会:Why nuts?
<参加費>
・西瓜(購入される方):苗オーナー1600円
一般300/kg(通常6-8kg)
・BBQ のみ参加:2500円
・BBQ+上映会 両方参加:3500円
・上映会のみ参加:2000円
※ 子供価格:BBQ /小学生1000円、小学生未満無料 上映会 無料

ご参加希望の方は詳細お問い合わせください。