玉響(たまゆら) 

農家がゲストを直接おもてなしする至福の食と音楽の時間。

13086706_829473493851099_2845722825384279389_o

北総流域の先鋭有機農家がおくる、海・山・里の旬の食と物産。

生命の琴線に触れる音の響きと会話で織りなす極上の宴を。

13055664_829473490517766_3537390079042474016_o

 

 

 

 

 

結び合い汁

13116198_829473370517778_1639201296184748560_o

 

 

 

 

 

13116529_829473457184436_6570545127837767656_o

 

 

 

 

 

なめろう

13055651_829473410517774_2655391151286797368_o

 

 

 

 

 

 

12524219_969357706511561_6669607981350285570_n

 

 

 

 

 

 

13007366_969358276511504_6225990088468121430_n

 

 

 

 

 

 

13063003_829473317184450_8939943711469293371_o

 

 

 

 

 

12987063_771178176352305_415385641336395412_n

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、 音楽。

13071946_829473267184455_4030232179374557443_o

 

 

 

 

 

 

玉響(たまゆら) ―食と音の匠の饗宴―
●日時:2016年4月16日(土)16時開場 17時開宴~22時閉宴

23時〜アフターパーティーあり

●事前予約制

●詳細特設ホームページ http://tamayura.click/

キッチンをつくる

冬眠から覚めて。

もう桜も散るころ、夏が来る前に外にキッチンをつくらなくちゃ。

IMG_8087

 

 

 

 

 

 

色々、Why Nuts?周りにも変化、イコール出会いがあって。

考えていたものが本当に必要になってきて。

大勢の仲間たちと宴を催すため、気持ちの良いキッチンと、食べる場所が必要になる。

 

やっぱり、青空の下、風を感じれる場所で食べたい。

ずっと思い描いていた丸太の厨房スペースをつくる。

IMG_8264

 

 

 

 

 

 

伐採してきたもういらない木を40センチずつ輪切りにして。

大小関係なく、たくさんたくさん切り株をつくる。

敷き詰めたオレンジ色はいらなくなった瓦。

砕いて使うと太陽の光に反射してキラキラ光る。

IMG_8263

 

 

 

 

 

 

一面、そんないらなくなったものたちを敷き詰めて。

ただの雑草まみれの地面が、ひとつの舞台に化粧直しされていく。

IMG_8195

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8098

 

 

 

 

 

 

IMG_8103

 

 

 

 

 

 

上から下の段へ。音符のような枕木のスロープを抜けて、やっと上と下がつながった。

キッチンづくりはまだ始まったばかり。