音を奏でて

音楽のために創られた場所。

でもその時はしばらくやってこなかった。

でもそれは不思議なことに、「土」のご縁で、今日、ここに、音楽の時間が復活した。

その縁は八街の砂埃に交じって運ばれてきた。

 

やはり場所は知っていた。

なんのために創られたのかを。

響く音たちはきちんと仕事をして、空間と呼応しながら役目を果たす。

わたしたちのからだ、こころの中に染み入る音は、

人と場所と時間の境界を越え、混ざり合った。

music3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーティストのレコーディングであたたまった空間で近所の方との音楽の語らい。

music4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど植物は食べ頃を迎えて

IMG_0796

 

 

 

 

 

 

IMG_0797

 

 

 

 

 

 

IMG_0799

 

 

 

 

 

 

IMG_0798

 

 

 

 

 

 

IMG_0802

 

 

 

 

 

 

IMG_0794

 

 

 

 

 

 

music

 

 

 

 

 

 

ジャンルを超えて音楽を愛するひとたちが一堂に会した宴

 

 

夏の香

太陽の光を浴びてハンモックに揺られるのが気持ちの良い季節。

外の緑がだんだん濃く、一刻と濃くなって、いい色になる。

IMG_8704

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8815

 

 

 

 

 

 

IMG_8813

 

 

 

 

 

 

夏の香りに乗って、からだを起こす低音のリズムたち。

ここで初めての音作りが始まる。

IMG_8871

 

 

 

 

 

 

IMG_8876

 

 

 

 

 

 

地元の音楽を愛するものたちによる暮らしの奏で。

夜の風は、彼らの音を田舎の台地の遠く遠くまで運んだ。

 

IMG_8713